スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

怒りの軍学

本陣突撃

合戦二日目。
今日もやっぱり劣勢です。
でもまあ、とりあえず遊ぼうじゃあないか。そう思ってソロ活動やら徒党やら色々やっていました。

上の画像は深夜に気合と根性で本陣武将7体にフルで取り付いた図(事後)です。
頑張って取り付きは成功したのですが、事前情報が不足していたせいもあり、ポッキリ折れてしまいました。
悔しかったなぁ。できれば倒したかったなぁ。

まぁ、これはいいです。


陣終了まで残り1時間。
じゃあまあ本陣は警戒されてるし、仕方がないということで敵中後主将の
阿閉さんをぶっ飛ばそうと思いました。

取り付きは出来ました。



蘇生1回目

蘇生の秘薬・壱




蘇生2回目

蘇生の秘薬・弐




蘇生3回目

蘇生の秘薬・参





出たな、余分三兄弟!

はっきり言ってナメている
コーエーは、蘇生の秘薬及び発動条件の練り込みにおいて、ユーザーをナメている。
僕はそう思いました。


たまたまか何なのかわかりませんが、この一連の蘇生の秘薬は
1体落とした次のターンに即時の使用です。1から倒すか蘇生不可しか方法がないと?

陣営技能として使うくらいの条件だったらまだ分かるのだが・・・
無条件で気まぐれによって使われるのでは、戦場に散っていったあまたの軍学の魂が浮かばれません。
魂と言えば



信義の魂

お供が死にそうになると狂ったように4連発とか5連発とかこういう特殊技能を使うのもやめて頂きたい。
僕は怒りで沈黙の霧を覚えそうになったよ。



そんなこんなで露骨な時間稼ぎをされた結果
1時間の猶予があったにも関わらずタイムオーバー。うーん残念!


個人的には、うまいこと取り付きが出来たので
何かよくわからない達成感はあります。

ただ、これらアルゴを目の当たりにして
今の武将戦というかボス戦の気持ち悪いところを全部見せられてしまった気持ちになり
少しだけがっかりしたというのも事実です。




10年も信onをやるとこんな悔しい場面にも遭遇するというそんな日記。
重要なのは相手国がどうこうではなく仕様面に対してということが9割を占めているということ(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。