スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

割と軍学にしかわからない話

堅忍不抜・改という技能があります。

味方の誰か一人から付与をコピーしてもらった上で自分に結界を張ります。
現時点での軍学の最重要技能であり、これがなければもはや盾として機能はしない。
それくらい素晴らしい技能ですね?


そして、挑発弐・扇情挑発・知略縦横等・・・

これらは敵のターゲットを固定するために必要な技能です。
これがなくては軍学はターゲット固定が出来ないのでただ硬いだけで敵から無視されてしまうという、割と悲しいことになります。


今日はこの二種の技能についての無駄話です。
というか僕の葛藤の物語です。




さて、シチュエーションを説明してみよう。

僕は軍学!守って攻めてとあちこちに引っ張りだこのナイスガイさ!
あと結構嘘つき!でもそれも魅力かなって最近思うことにした!
さあ、今日もボス徒党だ。軍学の絶対的安定感、見せてやるぞ!

まずは釣りたい敵を釣ります!こいつ、それなりに痛いね!
それでは堅忍不抜・改を使います!これでカチンコチンなんだ。

と思ってたら敵が柳宿砕波とかいうわけわかんないのを準備しだした。
これは止めなければ!鍛冶屋さんが死んでしまっては・・・軍学の存在価値はない!

止めた!勝った!第三部完・・・でもなかった!
次は坊主が完全全体回復準備・・・ですって!
でも安心してくれ、自制心持ちの軍学はフリーだ。沈黙が冴え渡るぞ!!

ぬぐぐぐ・・・時間が経ちすぎたらしい。
堅忍不抜・改で鎧鍛冶からせしめた青付与が消えてしまった。
そればかりか、猛攻を耐えしのいだせいで結界まで割れてしまった。

間の悪いことに、釣りまで切れた!鎧鍛冶も死にそう?怖い!
僕は・・・僕は一体これからどうしたらいいんだ!?



うん、こんな時があったとします。
まあ、強敵相手だとそこそこあるかもしれませんね。

僕がよく悩むことは、こういう場面で次にする行動なのです。

果たして、死亡のリスクを背負って釣りを敢行すべきなのか?
それとも、堅忍不抜・改を張り直して鎧鍛冶が死んだ時に備えるべきなのか?

鼻血出そう。



決まって、こういう時には僕の中の天使悪魔が囁きかけるのです・・・



(*´ω`*)<あやふみ・・・あやふみや・・・

('A`)<お、お前は僕の中の天使!

(*´ω`*)<何を迷うことがあるのです?釣るのです。釣りの先にこそ徒党の勝利があるのです・・・

('A`)<で、でももしそれで軍学が無為の死を遂げたら・・・?まだ術だって来るかも!

(*´ω`*)<軍学や・・・あなたは死ぬのが仕事なのです・・・
あなたが死んでも、鎧鍛冶さんがにっこり微笑んでいます。
忍者さんだってあなたの心意気に感動し、術を止めてくれるではないですか。
あなたの死は無駄ではない・・・すべては徒党の為・・・徒党の為・・・


('A`)<・・・なるほど・・・





(`・ω・´)<おいおい待てよ、そこのあやふみ。

('A`)<ああっ!お前は俺の中の悪魔!

(`・ω・´)<そんな戯言に惑わされるなよ、お前は誰だ?言ってみろよ!

('A`)<ぐ・・・軍学です・・・

(`・ω・´)<そうだ、お前は軍学だ!キングオブ痒い所に手が届くマンだ!
お前がすべき事は闇雲に釣りまくって死ぬことか?
まだ鎧鍛冶にも余力が残っているというのに、裸単騎で敵の前に踊り出る奴。それはただの蛮勇じゃないか。


('A`)<で、でもそれで徒党が壊滅したら

(`・ω・´)<バッキャローイ!

('A`)<いたっ!(ジャラジャー
('A`)<あぁ・・・付与石・・・付与石・・・

(`・ω・´)<軍学の陥落が徒党壊滅の序章なんだよ!
それにたとえ、お前が釣った所で他のプレイヤーは死ぬ時は死ぬ!
極端な話をすると余力があるはずの鎧鍛冶だって死ぬ可能性は0じゃないな?
その後の徒党を支えるのは誰だ?言ってみろ!


('A`)<き、極みをコピーした軍学・・・!!

(`・ω・´)<そうだ!お前だ!だから徒党が総崩れするのを防ぐ為に、ある程度の犠牲は覚悟の上で
お前は極みをコピーするべきなんだよ!それに1ターン凌ぎさえすれば、またお前の挑発・弐が発動する!
死ぬ可能性が極めて高い死亡覚悟の釣りとどちらがいいか、言うまでもないだろ?なぁ・・・?


('A`)<・・・なるほど・・・





(*´ω`*)<あやふみや・・・騙されてはなりません・・・あやふみや・・・

('A`)<ああっ!またもやイタ子!

(*´ω`*)<その悪魔の言っていることはまさしく詭弁です・・・
結局、あなたが死ぬことによって鎧鍛冶さんが救われることはほぼ確実なのです・・・
それを、やれ鎧鍛冶が死んだらだとか、術止めが大変になるだとか。女々しいですよ・・・


('A`)<・・・で、でも。もしそれで本当に鎧鍛冶さんが釣り漏れた奴によって砕け散ったら・・・?

(*´ω`*)<おぉ、何というチキンでしょう。あなたはキングオブ七面鳥か何かですか?
そのようなことはほぼ起こり得ない上に、起きてしまったとしたらそれは事故です
あなたはやるべきことをやった。それで徒党内での立場はカヴァーできるでしょう・・・
つまり、自分は徒党に貢献したということに他ならないのですよ・・・


('A`)<な、なんかえらい後ろ向きだ。だけど、後で責められたくもない。
イタ子の言うとおりなのかもしれない・・・





(`・ω・´)<オイオイオイオイ!あやふみよ、そりゃあ無いぜ!

('A`)<ううっ、またお前か良心!

(`・ω・´)<イタ子の言ってることこそ最低のチキンプレイだ!
あいつはもっともらしいことを言っているが、結局は徒党壊滅の言い訳を自分以外に持って行きたいだけじゃないか?


('A`)<・・・!!

(`・ω・´)<あやふみ、いやキングオブ軍学よ。お前は目指しているものは何だ?
徒党壊滅後の言い訳を行動で示すことか?そうじゃないだろう!?
お前の非情采配によって徒党が勝利すること、それこそ軍学に必要とされていることだろう。


('A`)<き、キングオブ軍学・・・?

(`・ω・´)<そうだ!お前が冒険しないことには始まらないんだ!
さあ、飛び出そうぜ勝負の世界へ!!戦う前から負けるなんてゴメンだろう!!




(*´ω`*)<その腐れ良心の話を聞いてはなりません!
彼は結局、自分が死にたくないだけなのです!本当のキングオブターキーです!!


('A`)<!?

(*´ω`*)<同じ死ぬならメイン盾ではなく、サブ盾の軍学。
それが徒党にとっても確実で無難な道であるのは確実です。
そして、神職だろうと回復役だろうと、軍学よりは重要度が高いのです!
釣って徒党の盾となれ!あなたは死ね!


('A`)<えっ!?えぇーっ・・・


(`・ω・´)<軍学の重要度が低いわけ無いだろファッキン・イタコ!
釣られてる忍者や武芸に術が止められるか?六合彗星陣は?柳宿砕波は?
時と場合によっては他の職業が死んでも徒党の壊滅は避けられるんだよ!
術止めてから死ね!お前は死ね!


('A`)<えっ!?なんだこいつら。僕に対する個人攻撃を始めた・・・!?




('A`)<ウワーン!結局どうしたらいいんだよー!






こんな感じです(震え声)


まあ実際、数秒の差によって敵の前に出れるか出れないかが決まるような状況だと
こういう葛藤と戦いながら即座に判断したほうがいいことがありますね。

周りの人から見ればただの3秒間であるが、あやふみさんの中ではスター・ウォーズが繰り広げられているのです。

結局は状況を見てその時々で最善の判断を下していかなくてはならないんですけどね。
考えるのをやめたら盾としてどうかと思うので、この際思う存分悩むことにしています


ただ、何か本当に天使悪魔が争ってるので
ちょっと文章に起こしてみようと思った次第。
なんだか、本当に危ない人みたいになってるんだけどどうしよう?

なお、この脳内会議には他職を貶めたりするような意図は全くないんでよろしくお願いします(終)
スポンサーサイト

士いれたら?
by: ミスの洋子 * 2013/07/20 21:14 * URL [ 編集] | TOP↑


でもあたし軍学だし。
by: ayahumi * 2013/07/20 23:42 * URL [ 編集] | TOP↑


不覚にも笑ってしまった。
敵にもよりますが悪魔派です。
by: 名無し * 2013/07/21 06:43 * URL [ 編集] | TOP↑

私も軍学61育て始めました!
すごくわかります!(笑)
思わず笑ってしまいました。
私はキングオブ七面鳥かな(笑)
by: 萌黄あやめ * 2013/07/21 20:18 * URL [ 編集] | TOP↑


>>名無しさん
うわっ、悪魔派だー!
敵によるって言うのがまた難しい所なんだよね。一定の判断基準がない、だからこそ面白いわけだけれども。

>>萌黄あやめさん
うわっ、チキンだー!
軍学の道は割と長いですが多分なんとかなりますがんばろう。
暇があれば沈黙をやろう。あやふみとの約束だ!
by: ayahumi * 2013/07/22 02:40 * URL [ 編集] | TOP↑


悪魔派ですね・・・。
コピーしてくれない軍さんは信用できません。
by: * 2013/07/22 13:11 * URL [ 編集] | TOP↑


言っちゃ何だけど青付与がない軍学はまあ盾として見れないですからね。
一般的には硬いと認識されがちな軍学ですけどもその辺に認識のズレがあるとは確かに思う。武士道とは根本が違う。
そういう意味で僕は看破系技能が敵に充実していると苦々しい顔をしてしまう。

・・・が、それらの認識をかなぐり捨ててでも釣らなくてはいけない場面がなお存在する。見極めが大事ですね
by: ayahumi * 2013/07/22 18:10 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。