スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

目が覚める強さ

こんにちは、休み中なので気持ちよくすやすや寝てました。

となるはずもなく。


さっきまでうなされてました。昏睡五連撃に。
そう、あれは数時間前のこと・・・



さぁ、こんな朝早くだけど結構一門に人がいるなぁ。
そう思ったあやふみさんはそれなりに本気の攻略を考えて徒党を作りました。
折角だし、いい神秘欲しいし。トレジャー研磨したいしね!


青天の霹靂

↑明智秀満というボスがいます。
彼はなんというか、その・・・とても強いんです。
前回、様子見程度に突貫した時の結果は散々たるものでした。





今日は勝つぞ!と意気込みを新たにし、集った人々。
その目はどこか狂気を帯びていたように見えた。



やれた

練り込んで攻城戦に取り組んだ結果。
ここまでは出来ました。かなりうまくいったほうですが。

ここまでは本当に楽しかった。




つんよい

そして弱体されたり強化したりした後の明智秀満戦。

わかった、こいつつよい(いい笑顔で)



とまぁ、かなりの回数挑んだのですが木っ端微塵でした。
鬼武者?鬼武者なの?



出来なかった理由はいくつかある。まずは構成の不一致だった。
これは、盾3もしくは、武士道の力が必要だったなぁ、と思えて仕方がない。
盾2になった場合、2の藤田行政が昏睡五連撃を使ってくるのだけれども、これを鎧鍛冶が受けてしまってそこから崩れ去っていくパターンが多かった。

今回の戦いでは、鎧鍛冶は警護メインで戦っていた為、昏睡五連撃を受けるのも避けがたいものになってしまっていたのだ。
じゃあ釣ればいいじゃない、軍学は受ければ!と思って釣り分けを実行してみたが、どうもこれもうまくいかず。
どいつもこいつもやたら釣れにくい上に、固定があっという間に切れてしまうのでどうにも維持が出来なかった。

こいつに関しては、1の明智秀満よりも2の藤田行政、3の進士貞連の2人が厄介という他無い。

そういう意味でもう1人は盾、贅沢を言うと武士道が必要かなぁ、と思ってしまった。
言ってしまえば軍学が必要だと思った場面はあまり(略
でもやるよ、だって僕が軍学なんだから。



結局そんなこんなで、昏睡五連撃にうなされて眠りにつくことになったのでした。
おそろしや・・・おそろしや・・・



最後に、気になったことがあります。
天下夢幻の章になって、何人かボスやってみましたけれども。
準備中の敵に沈黙ぶつけてもレジられたりするっていうのは一体どういうことか?
がっちり知力付与を固めていくとなかなか無いのですけれども、魅力寄りの軍学装備をしている時に稀にある。
これは、知力付与もちゃんとしなよという軍学に対するメッセージですか?
おそろしや・・・(終)
スポンサーサイト

後光あるとかなりはいらない
by: ミスの洋子 * 2013/07/19 15:11 * URL [ 編集] | TOP↑


後光がなくても、準備に沈黙が刺さらないっていうのは今までになかった事象だなぁと思うよ
by: ayahumi * 2013/07/19 15:50 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。