スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

寝る前に田辺攻防戦第1陣のことについて書く

果心居士


やってきました田辺攻防戦。
雑賀・朝倉コンビに対抗するは、伊賀・本願寺・今川トリオだ!



まあ、それなりに頑張ってます。
全盛期に比べちゃ全然働いてはいねーんです。
それでも、固定徒党でがっつりやってた頃と今を比べちゃいけないわけで。
今は今でやるべきことをやって楽しんでいるのでしょう。


今回は相手が伊賀ってことで、右を見ても左を見ても忍者、忍者、忍者。
お前ら、忍者村の村人か!って言いたくなりますね。そりゃ伊賀郷なんだからそうなんだけど。

そんな中で一種の清涼剤となってくれるこの陰陽武将、果心居士。
強いには強いですが、忍者ばかりで飽き飽きしたプレイヤー達の心を癒してくれる。

ちなみに、和田某とかいう弓侍武将もいました、突撃武将で。
こいつは極めて嫌われています。弓武将というものは存在してはいけない。今はそんな心持ちです。


伴長信討ち取ったり でござる


結果として、第1陣は終始雑賀側が押し気味でした。
ただし、負けている側が何も出来ないかというとそんなこともなく。
陣取り調整や兵站等でうまいこと戦果をコントロールしていた、という印象を受けました。

上の画像は本陣、伴長信撃破のログですけれども。
本当に、伊賀の本陣防衛が厚い、厚すぎる。
実際たどり着くまでに何個の徒党が、そしてどれだけの時間が消費されてしまったのか。

このマップの今回は伊賀側ですが、本当に本陣防衛に関しては伊賀側が有利なようにできています。
ほぼ片方からしか侵入出来ない上に、見晴らしが最高に良い。
敵襲があった際など、丸見えに近い状況で備えることが出来ます。

そういうことで、雑賀側も後半あまり戦果を稼ぐことが出来ず、伊賀側には陣調整をうまいことされ。
ですが、人数差は終始同数でした。それで押し気味で進めることができているのは本当にいいことだと思います。



優勢らしい

結果として、今現在はこんな感じ。
少しばかりの差ではありますが、れっきとした優勢です。

そう簡単には、田辺は渡さんよ!


とりあえず、本陣武将を一体でも倒すことが出来てよかったです。
あと、気になったことといえば、本願寺の人とか今川の人とかあんまり見なかったような・・・?
もちろん、援軍だから、というのもあるでしょうが。




ちなみに、三好→伊賀戦も同時に起きていますが
三好家は早くも百地三太夫を陥落させたらしいです。
伊賀はこっちに全力を傾けているそうなので防衛とか全然いないんだろうな・・・
いいな・・・


でも、百地に触ってみた感じ、僕らでも取り付くことさえできればいけそうです。
今週、機会があればいいですなあ。ないかなあ。

何にしろ、これから一週間です。
金曜日は夜勤なので大決戦とかムーリーなんですけれども
みんなもそれなりに出来る分だけ頑張っていきましょうね(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。