スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

源平合わせていただきまーす!

わぁ、たっくさんだあ

鬼門比叡山・・・そこはまさに魔窟だった。
時代の流れが入り乱れ、古の英雄達が魔に魅入られた姿で蘇る。
そして、それを試練と称して我々に掃除させようとするクソ坊主達・・・

その組織的な計略の前に、もはやとんぶり衆のみでは解決できない問題にまで発展させてしまうこととなった。





「・・・こうなったら、奴らの力を借りる他あるまい。」
「しましま、ですな?しかし彼らが簡単に力を貸してくれるでしょうか。」
「なあに、問題はあるまい。奴らも我々の力がなければここを突破するのは少々骨だろう。」
「そういうものでしょうか・・・私の見立てではしましまの実力は飛び抜けて高いと」
「確かに、その実力には目を見張るものがある。
 だが、それと助力関係を結べないかとは別の問題だ。まぁ任せておけ・・・」




あやふみ「本当にお願いします、何か助けて」



で、出たーっ!軍学の48ある必殺技の一つ、超下手に出る交渉だー!

こうして、うまいこととんぶり衆としましまは協力関係を結ぶことが出来たのであった・・・




まぁ、そんな感じで(脚色あり)、しましまと協力してダンジョンを進めましょうということになった。

しましまとしても、とんぶり衆の力が少しでも必要だと言う判断をしたのか。
恐らく、単体で進めるのはきわめてめんどくさいので、楽にやりたいねっていうことだろう。
というか俺も楽に突破できるならしたいです。


しましまの連中とは長い付き合いで、とんぶり衆の連中とは比較にならないくらいの年季が入っているので
交渉なんて大それたものではなく、お互いにうまいこと進めていこうって感じ。持つべきものは友だね。


ただクリアする、だけならあるいは必要ないかもしれない。
少なくとも、天海と戦うまでは必要ない。

せっかく協力するならば・・・と言うことで、思い切ることにした。


奴らは死んだ

源平合わせ呑み・・・
堕ちた駒王丸と弁慶を同時撃破(誤差5分)することにより、特殊報酬を手に入れることが出来るというものである。

人数さえいればこんなことも出来るということです。




達成しますた

二つの報酬をゲットできる。これほど嬉しいことはない・・・

あ、ちなみに今回はしましまの一門助力として、僕らの一門ダンジョンの進行に関しては
しましまが松島にいけるようになってからのほうがいいという判断にしました。
メンテでリセットとか、本当にひっどい話ですよねー


彦星の神秘石

源平合わせ呑み報酬その1
彦星の神秘石。耐久か・・・


彦星の指輪

源平合わせ呑み報酬その2
彦星の指輪。神性能・・・

そしてSS撮り忘れたがその3
彦星の腕貫。俺は腕力13と器用18がついたものだった。
俺のじゃないだろ、これ・・・
徒党員で、耐久知力で出てたのは凄く羨ましかった。



とりあえず、しましまの生死の試練は終わり。
あとは最後の試練で松島か・・・ドキドキするな・・・
メンテが来る前までには何とかしたいね。もったいないしね。


あ、これエイプリルフールじゃねえから!(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。