スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

Mount&Blade

ハマってます。
ライドウもクリアしたことだしね。

個人的には中世ヨーロッパには詳しくない上に、あまり好きすぎて困る!っていう分野でもないんで
あまり触れることはない世界観なんですけれども。

実際触れてみると、いいじゃないの、中世ヨーロッパ。
いや、もちろん日本の戦国時代やライドウが走り回る大正時代のほうがいいのは否めないですけど。

それでも、何かこう渦巻く策謀と騎士道のぶつかり合いみたいな感じで・・・
まぁ、とにかく浸れるわけです。

Mount&Bladeを知らない人のために解説。
通称M&Bと呼ばれるTPSゲーム。PCゲー。
ゲーム性としてはオブリビオンに近いものがあるけれども、魔法などのファンタジー要素は排したことにより中世の諸侯の争いを忠実に再現した一作。もちろん、史実ではないけれどもそういう世界観のもとに作られた国々での争いが土台となっている。

その中でプレイヤーは自分の出自までも自由に選択することが出来、どのような方法で身を立てていくかを完全に自由意志で決められるというかなり自由度の高いゲームとなっている。

例えば、複数ある国の一つに仕え、領土をもらいつつその国のために奮闘するいち武将としての人生。
王位を追われて放浪している王家の血筋を擁立し、全く新しい国を作る人生。
アウトローに生き、村から略奪したり権力に歯向かい続ける人生。

この辺が主に挙げられる。

プレイヤーは名声値によって率いることの出来る軍勢の数が変わり、名を挙げれば挙げるほどに数多くの兵力を持つことが出来る。その兵力を以って好きな行動を起こす。

まぁ、平たく言うとこんな感じ。

とにかく、中世ヨーロッパを好む人にはたまらない作品となっています。
何がすごいって、これが元は同人ゲームで、夫婦二人で作ったものだとか?っていう話。
よくぞここまでのものを・・・



あやふみさんは今、騎馬隊を率いて秋田さながらの雪国の村を与えられ。
細々と生活しているわけです。どうだ、かっこいいだろう。かっこいいといえ。

戦場の描写が本当にすごいこのゲーム。興味があったら是非やってみてはいかがか。


あ、ちなみに信onは未だに細々と杖売ってます(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。