スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ついにやってくるか、一門の時代

('A`)<一門って何よ!

(`・ω・´)<てめえがヘマしたら一族郎党皆殺しになるものだよ!

言い過ぎたか。そんな一門がついに、明日じっそうされることになりました。
まさかとは思うけど、延期なんてありえないよね・・・?フフ・・・


と言っても、明日は夜遅くまでお仕事、明後日は夜勤で朝まで。
そんな不定期な職業を持つ社会人であり、実際に作るのは明日の深夜か3日後くらいか・・・?
と思ってます。

とりあえず、10人は確実にいるので設立は難しくはなさそうだけど・・・
名前とか全然考えてないんで、その辺煮詰めていこうかなってところ。


さて、信on本体の話。

最近は、金策するのも本当に飽きてきちゃって。貯まってないけど。
なので、後進の育成に励んでて。
特化クエストとか結構手伝っていくくらいの勢いじゃないと、
もう同レベル帯同士で徒党組める状況じゃないだけに、心が折れる連中が続出するって話なのでね・・・


一門やら、目新しいのが追加されるまではこういうちんまいことを延々とやってるんじゃないかな。
という見通しです。


軍学のお話。

弓軍学という発想も、最近はアリではないかと思うことが増えてきた

理由1:援護射撃極意があるので、凄く便利
理由2:最近、軍学さんがみねうちを使う機会が凄く減った気がするんです
理由3:何か厨臭くてかっこいい
理由4:武芸の基本は弓から

うん、とても魅力的である。




それに対して
弓軍学の際のデメリット(槍軍学と比べて)

理由1:回避補正がなくなっちゃう!
理由2:みねうちできないと、不安で夜も眠れないよぅ・・・
理由3:槍も、厨臭くてかっこいい
理由4:だが待って欲しい、槍も武芸の基本ではなかろうか

槍軍学はやはり、オーソドックスでそつがないだけに強い。
みねうち、回避補正、反撃封じ。これらの要素が大きすぎる。反撃封じはどうでもいいが。

臨機応変に準備止めが要求される対NPC戦においてはやはり必須であろうか・・・
沈黙をぶち込もうにも、後光武運長久をされてしまっては手も足も出ないわけであるよ。
アタシ、本当にあの升技能を許さないから!




それに対して、弓軍学の使い所は援護射撃極意。これに尽きると思う。
何度、神職のこの技能に助けられたか。本当に、本当に何度助けられたことか・・・!
そのありがたさを肌で感じているからこそ、この技能を有効活用したいという気持ちも分かって頂けるだろうか。

あと、凄くかっこいいよね。弓使ってる侍があまり居ないだけに余計。






だけど、ここまで書いて気づく訳だよ。
そもそも生命減ってるのは軍学本人だってことに。
畜生・・・ど畜生!!!!!!!!!!

自分には援護射撃は出せない、当たり前である。出せたらそれは分身してるとしか思えない。


格好はいいんだよ・・・槍とか見飽きたよ・・・
まあ、趣味レベルでならちょっとやってみたいなーと思えるものでしょうか。

やるなら、確実に沈黙をぶち込める状態じゃないと、恐ろしくて奥歯がガタガタ震えることになるんですけどね。



全国を渡り歩くと、弓軍学も恐らくいっぱい居るんだろうなあ。
他の軍学さんと徒党組む機会はほぼ0に等しいから、色んな話を聞きたいなーと最近思います。

でも、こうやって自分の装備や技能や能力で試行錯誤したりしてるのが
一番楽しかったりするんだよね。
実際、全ての装備を揃えたら満足してきっと使うことは殆どないんだ。俺知ってんだ(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。