スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

笠置山の戦い、終焉を迎える

太鼓破り再び

最後のほうで、またもや珍しい腕力薬師を見る事ができました。(過去分はここ
軍学だったらソロで蹴散らされてもおかしくはない。怒らせないようにしないと。


はい。笠置山の戦い、終了でございます。
今回は正直言うほど活躍したわけでも、武将をバッタバッタとなぎ払った訳ではありませんが
非常に楽しく遊ばせていただくことができました。
足利家の雰囲気は良好です。徳川家もそうですが合戦私設の居心地は悪くないなあと思いました。

ひとえに、有利な状況がもたらす精神的余裕もあるのでしょう。
今回の合戦も終わってみれば陣取りで3勝し、大決戦は全勝です(危なかったけど)
そういう意味では実りの多い、いい合戦となったのではないでしょうか。


太郎太刀

私個人も、こんなドロップを拾ってテンションもあがりました。
ちなみに真柄直澄、直隆兄弟のうちの片割れのドロップです。
真柄兄弟は両方とも、こんなすげー長い太刀を持って織田軍相手に奮戦したそうですね。
実在が疑われる人物の一人ですが、いたと信じたい。鬼小島もいたと信じたい。

やっぱり、ロマンだよね・・・!大事にします!!!








ひどいなあ
泣いてないからな

どうして解体なんて馬鹿なことをしたんだ
俺は、なんて、なんてことを・・・








(`・ω・´)<だから俺は止めたじゃねえか。
だから言ったじゃねえか、そのまま売れって。


('A`)<お前のほうがひどい


皆さんも夢と希望とロマンは大事にしましょうね。
お金という名のロマンもありますが、大概こんな風になりますから!



さて、水曜日です。
メンテが明けると、恐らく
雑賀&足利→伊賀&朝倉
の合戦が行われると言われています。


徳川家が、上杉家に攻め込まれるかもしれないということで、
雑賀が捨て身で挑んだこの戦、多分相当な苦戦を強いられることになるでしょう。

負けることになる可能性は否定できるものではありません。
それだけ伊賀と朝倉家の将兵は数こそ少なかれど精強ということです。

でも、でもだ
結局、いつかどこかで攻め込まなければ
このままずるずると最大国力20ちょっとのまま滅亡に怯え続けなければならないわけです。
個人的にはそれはゴメンです。

なので、今回の合戦はさっきも言いましたが、捨て身の覚悟で臨む必要があるでしょう。

それがたまたま今週になっただけの話、と思って前向きに捉えることにしましょう。

↑と、言うのが雑賀衆としての私の建前
建前といっても、戦国ロールプレイという意味では本心に近いですが。


私の本当に個人としての考えは
別に面白いから何でもいいです
滅亡の危機に瀕しても実は構わないと思っている自分がどこかでいます。
滅亡に怯えて、何もできなくなる亀よりは・・・ほら、な。

本当に滅亡するのが嫌なのか、別に構わないかの違いでしかないですがね・・・


まあ、一昔前のように
どこでも合戦が行われていないような馬鹿げた状況を思えば
こんな風に国として四苦八苦してるのもまた面白味のあるものとして感じることができるんでないかと思います。




しかし、合戦があるとかないとかの情報は
やっぱり会議を見てたりしないと入手するのが困難ですね・・・
私は、合戦には出たりしますが会議には出ないんですよ。議決には従いますけど。
だから、戦国掲示板に善意の第三者がそういう情報は書いてくれると助かるんだけど・・・

でも、会議出てない自分がブーたれるのも、何か違うんで文句もないけどね!
今は、知人経由で色々情報を仕入れているのであまり苦労はしないんですが、あまり雑賀内に知人がいない人だと結構大変なんじゃないかなあと思いました。もしかしたら何か対応策を取られているかもしれませんけど。



はい。
そんな感じで、3月に恐らく国勢リセットされるというのに
色々こまごまとしたことを考えてるあやふみさんの日記でした。

とりあえず、暇があれば私も遊びたいと思っていますので
雑賀衆の連中も今日から一週間頑張ってくらさい。

実は何も考えてない←せいかい!(終)
スポンサーサイト
No title
って思ってたら、また笠置山じゃねーか!
最近の合戦仕様はよーわからんですねー
by: ayahumi * 2009/12/02 13:28 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。