スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

どこかへ行きたい、何かをしたい

公務員かお前ら


とくれば府内4ノック

本当にこりねーな!



やるならぶっちゃけた話、龍造寺家で府内4ノック、つまり道雪でなく角隈石宗を倒すほうが手っ取り早くて簡単なんですけど、いかんせん龍造寺。進めてる人が島津ほど多いわけじゃない。

今回もそういう理由がもろもろあり、道雪ノックでした。
といっても、何かよくわかんない事故とかもありましてノックってほどやってないんですけど。



最近やることが固まってきたので
新しい狩場というか、新しいどこかを模索しようかと思っているんです。


何で候補をちょろちょろ挙げてみようと思います。

まず道摩根の国で狩り。
ここで狩りをすることによって秀でていることは、お金稼ぎが出来るという1点に尽きます。
といっても、戦闘でお金が貯まるわけではないようです。
双晶石という、付与石を二つ組み合わせて作る石ですが、それの鍛錬アイテムである珠玉というものがあります。
珠玉壱は凶変イザナミ宮で手に入ります。こちらは効果も低めで鍛錬も埋まりやすい傾向にあります。
それに対して道摩根の国で手に入れることが出来る珠玉弐。こちらは効果も高くなりやすく、鍛錬も埋まりにくいという特性があります。

そのような理由と、入手難度の差により、珠玉弐は高値で取引されるようです。
ということで、珠玉を集めるための道摩根の国狩り、ということになります。


ですがここの狩りにおけるデメリットのようなもの。
それは基本的に募集をあまり見ることが出来ないということであります。

理由として前提クリアが条件となるダンジョン「凶変イザナミ宮」のボスである機甲夜叉
こちらが非常に強敵であることが挙げられるわけ。

確かに、現時点では構成を突き詰めていかねばなかなか倒すのは難しいとされているボスですので、難しい部類に入ると思います。
ですが、本当に突き詰めるとドロップ帯目当てのノックも出来るため、いずれキャラ性能があがってゆくにつれて突破する人達もさらに増えていくことでしょう。

つまり、道摩根の国でお金を稼ぐということは
今のうちにやっておくのが得策。ということになりえるかもしれません。



他には、高千穂河原で狩りしたりすることもあるかもしれませんが、2徒党分のプレイヤーを集めなければいけなかったり、それが原因で募集したり行きたいと思うプレイヤーが極めて少ないということでなかなか現実的ではありませんね。マジで。



さて、お金の話ということで道摩根の国を挙げましたが
「お金なんて腐るほどもってっからいらね~YO!そんなことよりも経験が欲しいYO!」
みたいな、ナメたこといってる人もいるかもしれません。

とくれば最近の流行は凶変イザナミ宮での雑魚狩り徒党が今はオススメのようです。
こちらはお金等にうまみは全くないそうですが、獲得経験値・覚醒値が非常に大きいためにかなりの大盛況となっています。

俺もそこまで数を重ねたこともないので詳しいことはあまり語れませんが、
どうやら少し奥のほうにいる特定のNPCを狩ることによって短時間で大量の見返りが期待できる、いわゆるおいしい狩りができるみたいですね。

こちらのデメリットとしては、前提ダンジョンのイザナミ宮クリアに伴うイザナミ撃破が必要であることと、お金に関してのうまみが本当に全然ないことです。

ですがイザナミは今のキャラ性能だとそこまで苦戦することもないかもしれません。
ということで今大流行の狩場です。

この二つは目的がしっかりと分かれているので、やろうと思えばはっきりとしたビジョンを持って狩りが出来ることでしょう。




そして空1狩り・空2国ノック(通称)といった
宇宙の雫ドロップ狙いの狩りもあります。
これは俺もよくやります、でませんけど




次のアップデートで実装される予定らしい
利休の唐獅子があるために、トライアルダンジョンに行くのも一つの手でありますが
こちらはどのようなものなのかの情報がまだ十分でないことや、
そもそもまだ実装すらされてないのでおいておこう。




最後に、条件さえあれば面倒くさいものですが確実に儲かる狩りを考えてみます。
つい最近実装された伊勢路の戦いがあります。
こちらは獲得経験値・潜在能力値に秀でているという面があります。
さらには、途中途中で報告することによって得ることが出来る報酬で宇宙の雫竜の涙を狙うこともできるそうです。
極め付けには、伊勢路の戦いが終わった次の週に、専用NPCに全体の報告をすることによって宇宙の雫や涙のゲットが同じく見込めるという、結構というかかなりアツいイベントです。

うまくやれば経験値・潜在値と金銭報酬の両方を見込めるという素晴らしいものといえるかもしれません。


ですが、当然デメリットもあります。
まず、伊勢路の戦いはその週で陣触れという、特定条件を満たした国とその同盟国しか参加することが出来ないこと。なので行きたい!っつってもすぐさまいけるかといえばそうとも限らないってことです。

あと、昔の合戦NPCを楽しめるという点ではいいことと思いますが
過疎な国だとまともに武将もやることすらできないために、延々と足軽等を狩ることになります。
つまり、非常に飽きやすい

ということで、戦闘以外で楽しみを見出せる人に向いているものといえるでしょう。





さて、色々書きましたけど
正直どれも行きたい。

でも様々な理由があってなかなか行くことが出来ない。


といってもいい加減そんなこともいってられませんね。
自分で募集でもしましょうか。


昔、昔の話だとよく党首をやって鉄砲狩人とか雪見行者とか色んなものを狩ったりしたもんですが
最近は時代の移り変わりについていけなかったことも多かったために控えてました。


しかし最近はようやくその溝も埋まりかけてきたので
あとは思い切りだけであります!


ということでこれから党首やって募集マーク出すことも多いかと思いますが
生暖かい目で見守ると同時に、行きたいものであれば是非参加してあげてください。



まあ、こんな時間に日記書いてるし
ろくでもない時間に募集かけてたりするだろうけど

それもそれでまた一興ではありませんか(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。