スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

合戦週間

ほれ、レンコンやるから、な!
叱咤激励は侍の華

さて、そんなこんなで田倉崎の合戦は幕を閉じました。
お疲れ様でした俺。お疲れ様でした。



お疲れ様でした

陣取りの総合結果はこんな感じです。
陣取りに関しては、終始こちらが優勢に進めることが出来たのですが、兵站活動で戦果が稼げたり、継続戦果が廃止されたりしているため全体的に引き分けが多いものとなっています。

コーエーとしては恐らく「大決戦がメインだからそっちで白黒はっきりつけろって」ていうスタンスではなかろうか。
陣取りは二の次みたいな雰囲気は確かに感じなくもない。サミシス




それでも面白いことに違いはないので、非常にストレス発散になりました。
大決戦ではちょろっとしか遊ぶことが出来なかったけど、陣取りだとそこそこに参加することが出来たのでよかった。といっても2,3日だけどね!


とりあえず次の課題は「大決戦で勝利すること」になることは間違いないだろう。
現状、大決戦では三好-今川軍に敗北を喫している状況。
でも、俺が見た感じでは戦力にそこまでの差はない。むしろ勝ててもいいくらい。
そりゃそうだ、どっちにしろ100人しか出れないんだから。

ではなぜ結果的には負けとなってしまうのか。
三好、今川は徹底しているというか、何かギチギチに固められてるという話を聞くので強いのはそういう理由があってのことだろう。

ここでは雑賀側の問題?(というか、課題点)を考えることにする。
単純に言うと、
攻める徒党と、強襲武将を処理する徒党のバランスがよくない
のではなかろうか。

例にとると、大決戦2戦目の話になるが
あれは三好長慶の士気が半分以下に追い込むことが出来ながらも、孫市が撃破されて終了してしまった。
その時、こちらの陣地は強襲武将で溢れ返っていたわけだ。
聞いた話だけど、孫市に突き刺さった強襲武将は出来る限りさっさと処理しないと、どんどん士気を減らされてSATSUGAIされてしまうらしい。いわゆる継続戦果があった状態で陣をがっつり取られてる状況と似たようなものでしょうか。

だが、敵陣を攻めてる武将徒党やソロはかなり多かった。
恐らく、この辺のバランスが最も重要なものではないかと感じたのが一つ。
かといって、今川や三好みたいにがっちがちに強制してしまうのではこっちとしては面白味がない。(あっちの国の戦い方を否定しているわけではない)

こっちはこっちの戦い方で、そういうところに気を配るように出来れば勝率も上がってくるような気がする。
とりあえず次参加できる機会があったら俺はそういうところに気を配って動いてみようと思った。
まずは自分で行動に示さないといけない。

やっぱり、所々でムードを作り出せる人間がいれば臨機応変に協力してもらうことも出来るんじゃないかなあと思った。指示厨とムードメーカーは紙一重であると思えるところもあるので、この辺は非常に難しいけど誰かがうまいこと出来るようになればさらに強くなれるのは間違いないだろう。


そしてもう一つ。
敵から学ぶことはやはり多い。
武将やる集団と対人をやる集団がさらにバランスがいいのである

ど真ん中の川沿いに対人徒党(といっても4人だとか3人とかいう小規模の集団)がいると言う意味では、動きやすさの点に関しては三好のほうが圧倒的に上であったことだろう。
雑賀の課題は、武将徒党!といったら軍全体がそれに偏ってしまいがちなところがあることでないかなーと思うところはあった。

昔にも一度言ったことはあると思うけど、敵PCを掃除できる対人プレイヤーは国の宝だと思う。
たとえ戦果には直接的な影響はなくても、対人をないがしろにする国は十中八九負ける。

10000の戦果を武将徒党が稼いだなら、そのうちの4000は対人プレイヤーが稼いでいると思うべきなくらい、対人プレイヤーが合戦場で占める重要度は高い、と思う。


さて、長々となってしまったが
最も重要なのはバランスと、対人・武将と臨機応変に動くことが出来るフットワークの軽さ、そしてムードメーカー。

この辺がこれからの雑賀の課題点になってくるような気がする。
今でもそれに向けて少しずつ進歩はしてるということは断っておくけれども。
さらに錬度を増していきたいところですね。


こと大決戦においては、三好・・・というか今川か。
彼らからはかなり学ぶことは大きい。
何だかんだ言っても、今川の合戦運びは熟練しているものを感じる。
百戦錬磨っていうのだろうか、その時々で最も重要なことを良くわかって行動してくる。

だから厄介なのであるが、ここからいいところだけをうまく学び取って雑賀の力にする好機でもあるからして・・・頑張っていこうかに。

でもガチガチに指示したり、制約つけたりするのは雑賀の国の色的に考えて
ちょっとやりたくないし・・・ね。
こっちはこっちのやり方でうまくやっていけるように模索していこうじゃないの。



それにしても、今回の合戦はみんな楽しくやってた。
それだけが本当に救いであります。援軍にきた徳川家、浅井家の方々にも楽しんでもらえていれば幸いであります!
この場を借りてお礼をしようと思うが、徳川と浅井の両軍の助けがなければここまでの押しはなかったと思う。これは間違いない。
最近復帰したばかりで国勢に疎いこともあり、徳川がこちらの援軍でやってくるのに違和感を感じたりするところもあるけど、非常にいい人が多くて楽しくプレイすることが出来ました。ありがとう、これからもどうかよろしく。
浅井は、休止する前から同盟だったので馴染み深いものがあったので違和感は全くなかった。
しかし全くもって同盟国は重要ですね。今度同盟国で合戦があったら俺も遊びにいこうっと。



最後に一枚


自遁強いですよぅ

コントロウラの暴走には注意wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

あと篠原自遁強くね?強くね?

本当に強くね?(終)










~おまけのおまけ~

なんということでしょう


「もう大丈夫だろう、紋所の価値あげられちゃってサーセンwwwwwwwwww」
って思ってた人の末路
スポンサーサイト
信玄こら
ワールド対抗おうどん合戦wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
バカかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
by: ayahumi * 2009/09/30 15:04 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。