スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

熊。

1



熊だね。

俺今とても熊。間違いない。


さすがに日記として前のははしょりすぎたので
ちょっと色々詳しく書こうと思った。


つまりこれ、クエなんです。隠れ里の。




ある爺さんが
「熊の変身薬やるからさ、ちょっとだけ最近暴れてる熊のこと調べてきてよ。なっ!ちょっとだけだから!先っちょだけでいいから!」

と、そそのかして俺はその罠に見事に引っかかってしまったわけ。わかる?



とまぁ、使ってみたらこれ、なるほど同じ熊ならバレないだろ、と



言葉はどうするのかという疑問はこの際地獄谷の谷底に捨てることにして



近くの熊牧場(熊がいっぱいいる山)の長と思われる熊公さん(46歳無職嫁なし)に事情を聞きにいくことになったわけです。




以下、熊に化けた人間と熊公との会話




( ^ω^)「ちっすちっす」

熊公「誰だよお前・・・おかしいだろ常識的に考えて・・・」

( ^ω^)「おいおい棟梁、俺のこと忘れちまったのかよwwwwww」

熊公「だってお前持ってないじゃん、仲間なら持ってる熊の家具を・・・」

( ^ω^)「やっべwwwwwwwwwwww忘れてきたwwwwwwwwww家にwwwwwwww」

熊公「なーんだそっかー 忘れたならしょうがないな。じゃあ渡しておくからな!なくすなよ!」

( ^ω^)「おk」


熊公「ところでそろそろ頃合だと思うんだ、俺達熊族が人間に代わって天下を取るためのな!」

( ^ω^)「無理じゃね」

熊公「はっきり否定するなよ・・・俺、本気なんだから」

( ^ω^)「だって無理です」

熊公「で、熊達を今一つに纏めてるところなんだが、逆心熊とかいう奴が裏切るんだよ!」

( ^ω^)「無視された」

熊公「だからよ、とりあえずそいつをちょっとさくっと殺ってきてくれよ!頼むから!」

( ^ω^)・・・




かくして、上の画像のような事態になったわけだ。
まったくもってはた迷惑な話だわ。



でも一度依頼された仕事は病気にならない限りやり通すのが俺。
この依頼、確かに請け負った!




で、まぁ逆心熊と戦闘に入るわけです・・・が



2



まぁ痛い そりゃ熊だし



でも俺もlv10になった男



3



さくりと殺害する。こちとら群雄じゃlv55だぜ!軍学だけど!!!





これで・・・・修得1800くらいと経験ゴッソリもらえるんだぜ・・・・
隠れ里はこれだからやめられねぇ・・・ゴクリ・・・




さて、熊公に報告である。


だが







4



THE MOKUGEKI




なんだろう、凄く恥ずかしい。


どうでもいい青NPCと戦ってる人を見てたらその人が丁度戦闘終了したくらい凄く恥ずかしい・・・やだ・・・



そんな世間からの冷ややかな目を我慢し、熊公に報告。




だがここでネタばらし

実はこの熊公、俺が人間であることも全て知っていた。
共倒れを狙っていたらしい。

つまり



5






普段は釣られる立場

      (某掲示板むしろ2chで)

である熊に釣られた・・・!








ク・・・





クマー・・・・










6







そして平和な日が続く(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。