スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

とんぶり 美食倶楽部

平日の夜中2時に続々ととある屋敷に集まる猛者の面々・・・


一体ここで何が起こるというのだろうか・・・?


登場









そう、今日は週に一度の美食倶楽部・・・

とんぶりの面々が厳選された食材を持ち寄り行われる秘密の儀式・・・




と、いうことで闇鍋パーティーです。週一です。


平日の2時、こんな時間帯にここまでするのはまさに食への追求と申しますか。それはまるで山岡と海原雄山のようでもあり、私は富井副部長が好きです。










参加者をAさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん とでもしておきましょう。
バレバレですが。








一回戦






軍学




いきなりの辛口コメントで始まるとんぶり闇鍋集会(週一)



全員、それぞれがそれぞれの厳選された素材を鍋に投入してゆく・・・







そして火にかける。





完成だ。


汚濁




きったねえ








だが食べ物というものは、見た目が悪ければ悪いほどうまいものが多いものである。
さあ、皆頂こうではないか。食の神様に感謝しながら一口をゆっくりと口の中へ

















結果1




AさんとCさん、そしてEさんが死にました。







食の追求には犠牲も必要であることがよくわかっていただけただろう。




と、ここでネタ晴らし
入れたもの


Aさん 日輪の矢

Bさん 臭う水

Cさん ひょっこり供物

Dさん ぶつ切り応用

Eさん 青染料・改







なるほど、青染料で色をつけつつ、ひょっこり供物による肉の旨み。
そしてぶつ切り応用によっておいしさを一番引き立たせる大きさに食材を分けられている。
そうか、汚濁の正体は臭う水か。その中でキラリと光る鮮烈な味は日輪の矢によるものか。


ううむ、よく出来ている。  死んじゃえ







そして厳かに2回戦はスタートする。
本来であれば週一のとんぶり美食倶楽部は一回勝負なのであるが

今回は第一回ということで特別に二回戦が認められたのである。

















血の海




血の海である。


一体この色はどこからやってきたものであるのか。
さすがの海原雄山も

「この鍋を作ったのは誰だぁっ!!」


と怒鳴りこんできたとかこなかったとか。











今回は先にネタ晴らしをすることにする。



Aさん 黒漆箔

Bさん おいしそうな水

Cさん 金箔

Dさん 夏姫秘晶

Eさん 知らぬが仏応用






なるほど、この血の海のような色は



どこから来たのかさっぱり分からない


敢えて言うならんば、黒漆箔と金箔の相乗効果に期待できる。
おいしそうな水も素晴らしい、先ほどの臭う水とは大違いだ。
夏姫秘晶により共晶効果も考えられるかもしれない。

だがその全てを知らぬが仏応用が邪魔している。




これが一体どのように転ぶのか・・・


頂いてみよう。

さぁ、みんな食の神様に感謝して一口また一口と













番組の途中ですがここで本日のキャストのご紹介です☆




今日の登場人物(森本レオ風)








Aさん

ヘンタイ


夏月みかん。

又の名を双院寺法雅 ヘンタイ検定準一級









Bさん

さくら


佐倉春名

ある意味料理で最も大事な「水」にこだわる女。









Cさん

おだ


織田韓信

トラブルメーカー。いつも人様に迷惑をかけて暮らす男。









Dさん

ひゃくばい


時之旅路


又の名を勇気百倍

ずるっこ。










Eさん

おれ


如月彩文


全ての災いの元凶。




















こうして第一回 とんぶり美食倶楽部は幕を閉じることになる。

また来週、お楽しみに。



付け加えておくが
参加者は自由である。誰でも参加することは出来る。

だが、7人までしか参加出来ないために、運が悪いと一週間を棒に振る。

そんな諸刃の剣




それがとんぶり美食倶楽部(完)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。