スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

レトロゲームは素晴らしいよ

まぁ、そういうことでレトロゲームの話をすることにした。
皆さんが考えるレトロゲームとはどのような時代のものを指すだろうか?

年齢によって変わってくるかもしれない。
最近の子供だと「SFCのゲームはもう古いゲームだよね」と言う人もいるだろう。ファミコンのゲームなんてマリオくらいしか知らないよ。みたいな。

確かに、昨今のハード、まぁPS2やXBOXなどだが、それも素晴らしいハードであることは当然であるが、最近のゲームプレイヤーはいわゆる「面白いゲーム」というものをそのような近代ハードにしかないものだと、いや、近代ハードにあるようなものを「面白いゲーム」の代名詞として扱っている人も多いのではないかな。


そんなもやしっ子達に魅惑のレトロゲームの世界を少し覗いて欲しい。
そして思う存分絶望して欲しい。そんな感じで今日の日記。



思えばFC時代のゲームは、映画のリメイクを作ろうとして映画無視のトンデモ展開なゲームになってて「これ映画会社から叱られないのか?」と思ってしまうようなものがあったり、必要以上にホラー、必要以上のグロテスクな展開などもあって「おいおい、PTA怖くないのか、漢らしいぜ!」と思わせてくれるゲームもあったり。

要するに、「無法地帯」という言葉がしっくり来る時代だったわけですよ。有象無象のゲームが溢れる、と。
そんな今のような映像技術もない、記憶容量も足りない状態で、クリエイター達がアイデアを出し合い、こだわりを曲げずに作ったゲームが沢山ある。そんなハードだったんです、メガドライブやらファミコンやらは。

今のゲームはとりあえず売れることが最優先です。
もちろん会社の事業ですがそれは当たり前なんだけど、それで内容、いや違うな、「こだわり」が失われているものが多いというのもまた事実なんです。それが悪いとは言わない、ゲームだって会社が作るものなんだからむしろ当たり前のことなんだ。


だけどレトロゲームには
「そんな女々しい事情なんて知らない」といわんばかりの「自殺行為じゃね?」ソフトが多々あるんです。マジで。

そんなゲームは一般的に「クソゲー」と呼ばれ、一般的には忌避の対象、一部には溺愛されるものであります。
そんな大量のクソゲーがあって、初めてロックマン、マリオ等の「王道ゲーム」が生まれ、「神ゲー」が現れるのです。

まさに「100本のクソゲーを糧にして一本の神ゲーが生まれる」
んです、だからこそ神ゲーが光るし、いわゆるクソゲーもまた魅力的なのですね。分かりましたか。




いや、逆に現代ではその「クソゲー」の方がスポットを当てられているかもしれません。「あれ?これあのゲームの原点じゃね?」とか考えられてしまうものが沢山です、素晴らしいですね。

というより、いわゆるクソゲーのほうが、製作者の意気込み、こだわり、気概がストレートに伝わってくるものが多いんですよ。
俺はこういうゲームを作りたいんだ!っていう無言の圧力を感じますよ、マジで。ただ、その表現がどっか違うファクターにかかってゲーム内容としては大変なことになってたりとかなるんですよ

でもね、でもですよ
そんな小さなこと、製作者の魂をぶつけることに比べたら気にすることじゃないよね!!!!!!!!!




まぁ、そんなレトロゲー世界。
あなたも一歩踏み出してもらおうと思ってとんぶりの方(本HP)に攻略日記を作って数ヶ月になります。

あそこには、まぁ表面だけでも知ってもらって興味を引いて欲しい!ってことで、王道のクソゲー、王道の神ゲーくらいしか置いてませんが、なんとなくつかんでくれていれば幸いです。「ああ、レトロゲーってこういうアレが溢れてたのか。」って。

ちなみに俺に言わせると、愛するべきレトロゲーはまだまだあります。

・シャーロックホームズ 社長令嬢誘拐事件
・星をみるひと
・まじかるキッズどろぴー(ロッ○○ンのパクリ)
・ケムコ三部作(シャドウゲイト、ディジャブ、悪魔の招待状)
・忍者龍剣伝
・ランボー



等です。これでもまだメジャーな方だと言えるでしょう。
もっと深いところに潜ろうとすると勇気が必要です。だって

長靴を履いたネコ
とか
オバケのQ太郎ワンワンパニック
だとか
ココロン
だとか
キョロちゃんランド


に踏み込む危険性だって出てくるんだぜ!
くにに かえるんだな
おまえにも かぞく がいるだろう・・・

とも言いたくなるわ、死ぬぞ。下手すると。






まぁ、これを機に、レトロゲーの世界をよく知らないけどゲームは大好き!とか言う方がいるなら






さあいらっしゃいませ




きっとあなたをつかんで離さない。

だめだ! もういちど はじめからだ!(終)


まぁ、そんなこんなで
今現在企画中ではあるけども
クソゲー談義ラジオでもやってもいいかなーとか
思っちゃってる最中です。

一人で語ってもいいんだが、やっぱり暗黒面に引き込まれた人間がいてこそ話し甲斐があるというもの。
おだくんに協力してもらうことも考えておりますが

是非とも、話し込みたい!って方はいつでも言って下さい。
実行するかは分かりませんが、お相手します。

多分スカイプ使うんだろうね、ってことでしゃべりてええ!って人は導入とか考えたらいいかもしれんね。
スポンサーサイト
芦名様が誘拐した
芦名様が誘拐した?
いやパのゲームっぽい無視するはずだったの。
by: BlogPetの芦名様 * 2006/09/22 18:37 * URL [ 編集] | TOP↑
















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。