スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

卒論序文を書いて、凄く楽しくなってきた

今日も俺、パサ、おだ、一翁さん、豆腐のズッコケ5人組は甲賀をほっつき歩いてました。
まか全体的な戦況は散々なものでした。
いくら止めても第三第四の徒党が別のとこいってたり同じところに突っ込んできたりと、正直こっちの戦力じゃあ太刀打ちすることは困難です。いや見れば分かるんですけどね。

まぁそれでも、俺は結構楽しめてるんで構わないんですけど
馬で割られて抵抗するか!ってことになって、救援頼んだ時に入って来てくれた浅井の人に援軍ありがとうって言われたときは何か歯がゆかったなww

俺達は一応浅井のために!とか同盟国だから!とか言ってるわけじゃなくて、ただ合戦が好きなだけでね、いや別に嫌ってるわけじゃないですよもちろん。ただ好き勝手やらせてもらってるだけなのにお礼言われると何か悪い気がするな、みたいな。
ちなみにその救援入ってもらった戦いも見事に旗折れて負けてるし、ちょっと文句言ってもいんじゃないのくらいの扱いでも構わなかったんだけども、まぁ感謝されて嬉しくないわけもなく。
ちょっと浅井のことが好きになりましたとさ。



とまぁ、合戦場でのいい話(!?)はここまでにして
あのね、大勢も決した感があって、時間も時間だし、本陣一番槍取るか!ってことで本陣手前でPCに駆除されて成仏アハンって状態になったわけですが。
そこからは俺、パサ、おだ、一翁さんで雑談してたんだわ、というより主に俺とおだだけど。

昨日PSUの話をしてたじゃないっすか。ほら、見てくださいね。
で、そんなアレでおだと俺は「パサにどう切り出して篭絡するか」作戦を練っていたわけですよ。
まぁ、すべてにおいて粉砕(というより言い出せる流れに持っていけなかった)んですけど、そんなこんなの合戦から出た大坂の場で聞いてみたわけです。
「ところでパサはPSUやらないのか?」と。



正直俺もおだも、「無理だろwwwwwwwwwwってか空気嫁wwwwwwwwwwwww」みたいな雰囲気になってました。
その後、しばらく返事がないので「こりゃ終わったなwwwwwwwwww」という雰囲気になってました。

が、ちょっとしてから

「やるかもな」



「やるかもな」







「やるかもな」





きました。「やるかもな」発動です。


俺「ちょwwwwwwwwwwwwwww」
おだ「ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」



俺・織田「予約したwwwwwwwwwwwwwwwwwww」
パサ「はやいな」



こうして、「恐らくパサもやるかもしれない」という話だけを聞いて
PSUを予約してしまいました。
これでもしもパサ丸がやらなかったらはっきりいって道化です。


だけど、パサがやるとなったら
卒論だの何だの大学だので忙しいんですけども
俺はやります。突っ込みます。



予想外だった・・・




さて、その後

遠目


反応がなくなったパサ夫を俺と織田がスニーキングミッションで偵察




接近



ちょっと接近してみた。この間合いで気づかれない。これは絶対に何か異常事態が起きているに違いない。
なぜなら彼はリアル忍者。彼もまた特別な存在だからです。




死んでる・・・


後ろを取った俺と織田、今が千載一遇のチャンスではないのか?
あのスーパー忍者PASAKAZUを軍学と雅楽が討ち取れるんだ!?



近い


こっそり近寄る。産物商相手に夢中なのだろうか。
彼は微動だにしない。こちらの存在を意に介していないようだ・・・







今だ・・・!今なら長年のライバル関係(!?)に終止符を!












激写






死んでる・・・!









はいはいジョナサンジョナサン(終)
スポンサーサイト















管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。