スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

佐竹義重没後400年

戦国時代に詳しい人も、それなりに知ってるよ、な人も
佐竹義重公のことは多分知ってるかと思います。

常陸国54万石を支配していた大大名の佐竹義重公、ということでとんでもねー人です。

後に今の秋田県美郷町(旧六郷町)に移封されそこで国人達の蜂起を跳ね除け優れた治世を行った。そんな人。

そんな佐竹義重公の没後400年ということで美郷町では小さいながらも催し物が行わているようです。
義重公の手紙とかみたいなー。実家いたら車で20分で飛んでっちゃうのになー。と歯ぎしりです。


信長の野望シリーズを遊ぶにあたって、とりあえず佐竹家を選ぶような人間でして。
没後400年経ってもまだ語り継がれるような人間って、今考えてみると本当に凄いと思いますよね。

現代の人が400年後も名前を残そうと考えたらもう何したらいいのか全く想像もつかないことを照らし合わせても
戦国時代の歴史が脈々と受け継がれているという現実に感心しきりなわけです。

こういうのがあるから、歴史はやめられない。
ぶっちゃけ信onに関係ないんだけど、そんな日記だっていいじゃない(終)
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。