スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ここ数日の生活

リムサ・ロミンサ

ここはリムサ・ロミンサとか言う場所。
海賊達が治めているとされている大都会。秋田とは比べ物にならない。

夢と大志を持った冒険者が山のように集まり、また去ってゆく。光と闇が混在した土地でもある。多分











え~んやこ~ら

そこには、佐渡金山で勇名を轟かせた過去を持つayahumiさんがいた。
鉱脈掘りの間で伝わる唄を歌いながら穴を掘る。今日も晩までえ~んやこ~ら

※信長の野望onlineでしか伝わらない話だが、LV20くらいの頃に佐渡金山の最奥に行き
「何だよ金掘れないじゃねーかおい責任者を呼べ責任者を!」と絶叫したことがある。

そして、ドードー鳥は僕の友達。
鉱脈を掘っていると必ず寄って来る。だから僕の友達。鉄鉱をお見舞いするぞ


こうして、ayahumiさんの一日が始まる。
基本的な流れは

 FF14プレイヤー達が目覚める。おもむろに酒場へ集まり、ギルドリーヴなる日雇いのバイトに励む姿がよく見られるらしい。

 日雇いの仕事が早くも終わり、各々が一攫千金を夢見て採集や生産に励む。そしてバザーのボッタくり価格に頭を抱える。

 冒険が始まる。意味もなく遠いところへ旅立ち、そして帰らぬ人となる。
とうにアニマポイントは使い果たしてしまった




冒険者である。僕は冒険者なのである。
さすらってナンボなのである。だからと言って、行方不明になるのは如何なものだろうか。




高低差が半端ではない

リムサには、こんなファンタジックな高低差が激しい地形もあったりする。
これを見た瞬間、「あ、ファンタジー要素がちょっと見つかった」と小躍りしたのは記憶に新しい。


現時点では、未実装な部分が多すぎて
ファンタジー要素で言うと、正直信onのほうが余程ファンタジックなわけだが、少しでもこういう景色を見つけていければいい、そう思っている。






ナニー?

もうやたら寄って来るでっかい羊のような何か。名前をアルドゴート・ナニーさんといいます。
性格は根暗で陰湿、かつ甘ったれ、皆さん、仲良くしてあげてくださいね。





意気投合

僕とナニーさんは大親友です。
初めて見たときから僕は思ったね、「こいつ、獣臭くてどうしようもない奴だ」ってさ。
本当にどうしようもない奴過ぎて、何かほっとけないよね
タイマン張ったら140%の確率で僕が食われるんだけどね


果たして、この世界を本当の意味で楽しんでいるのだろうか(終)
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。