スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

生存確認

何とか生存確認!!!!!!!!!!!!

軍学様は元気よ。


といっても、今弟のPC借りてるんで信onは出来ないんですがねえ。


ま、挨拶はこの辺にしておいて、だ

さっきまで織田君とある相談をしていたんだよ。


これから軍学様が順風満帆に暮らしていくための画期的な方法について


織田君の回答は一言「あるわけないwwwwwwwwww」
だった。くそったれ一点突破で反射結界ある奴を指定してやろうか。


とりあえず色々考えてみた。

今現在、軍学は盾としては堅忍不抜のおかげでかなり優秀な部類になってきてはいる。

ですが、まだ少人数での徒党ではそこまで強力なキャラとは言いがたい。

その理由はなにか?

ひとえに、決め手の薄さにあると俺は考えた。



例えば、武士道を例にとって考えてみよう。

彼らは素晴らしい回避性能に、盾性能を有している。だがしかしソロが弱いかというと周知の通りそんなことはないわけだ。


なぜ? 基本は同じ侍であるというのに、だ。


その理由は後の先・改だけではないだろう。
一刀流の強化版があるからである


連撃を撃つだけで敵の気合は削れる、防御面でも闘志が光る。


そういうわけで武士道の強みは圧倒的な防御力に裏打ちされた「連撃」になるわけだ。


では逆に考えてみよう。
軍学はどうか?


確かに、同じ侍ではある。
連撃もいくら軍学とは言え、いくら頭でっかちの傲慢チキのクソ軍学でも持っているのだ。

後の先も改ではないが一応は持っている。
防御面では堅忍不抜がある。


そう、全てにおいて既存技能では軍学には勝ち目はない。
例えるなら、武士道がフンコロガシなら軍学はそのフンの中にいる微生物に吸収される栄養分にも満たないのだ。


これに関しては異論はないし、文句もない。
武士道はそのように設定されているからだ、あらかじめコーエーの狙い通り。


だが、軍学にとって、他にどのような決め手があるというのだろうか?
火攻め・改はキャップが全てダメにし、他の技は複数体に対する邪魔技能しかない。

つまり、肝心の敵を倒すための技能が全くないのだ。


これでは確かに少人数で戦うにはあまりにも頼りない。
7人徒党ですらギリギリそのパフォーマンスを発揮できるかできないかというレベルであるのに、少人数、さらにはソロなんてもってのほかだ。


織田にいたっては、「猪突猛進で」などと、とりあえず軍学を戦闘から外す方向で考え出す始末。
全くこいつはどうしようもない奴だ。軍学というものをバカにしすぎている。その通りだが。



ということで、ひとまずソロは諦めた。
なぜならそもそも攻撃するための技能がないからだ。

ではどうするか?

俺は二人または三人くらいで効果的な軍学の使い道はないかと模索することにした。


スッと思いついたのが堅忍不抜のコピー機能を使うことである。
今まで、鎧の極みをコピーする以外全く考えたこともないこの技能。

いや、一応神降とかもできるんだけど・・・と、ここでピンときた。



下準備として、まず軍学さんは腕力50と知力50の装備を用意する。


わかってる、いいたい事は後で言え。


その上で、暗殺忍者の陽炎や、鍛冶の刀の極みの赤▲をコピーする。

それで5連撃を撃ちつつ、沈黙も適所で打てればどうだろうか?

盾は不抜である程度こなすことができる。沈黙も可能だし、攻撃力も申し分ないレベルになる。
もしこれに生命吸収が付けば・・・考えるだけで恐ろしい。


これであれば、合戦場で無抵抗のまま髷に変わるあの屈辱も打開できそうな気がするのである。




そろそろ現実を見ようか。


まず、腕力50知力50などという装備はどこで作りやがればいいのか。
そして、そこまで手の込んだことをしたとして、果たして他の本職を凌ぐほどのアドバンテージは得られるのか?答えはノーだ。それ以外にない。

だが、一度は試してみたい方法である。

腕力装備はいずれ必ず必要になる。能楽の付与のレベルを2にする地勢を活用すれば極みをあっさり消されることもないだろう。


あくまでも、無茶なことであるのはわかるんだが

じゃあお前に問うが、「軍学はだまって髷になるか、壁してればいいんですよ」と言われてその通りにしてる人間がいるだろうか?いや、いるはずはない。

武士道は嫌いだが、いつかは越えなければいけないのだ。

軍学の真価は軍学が拓かねばならない。








こんな感じで頭がハッピーですのでぶっちゃけ心配無用です。という日記でしたとさ(終)
スポンサーサイト

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。