スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

織田家滅亡確定のお知らせ

大決戦の敗北により、織田家の滅亡が決定的になったようね。

上杉家が織田方に援軍に行けなかったと言うのもありますが、特筆すべきは今川家の大決戦運びのうまさだろうか。
俺は内容見てないんで分からないけども、双方ともにレベルの高い戦いをしていたんだろうな。

国が滅亡する、という変化は嫌いなものではない。
戦国時代で、合戦がメインであるこのゲームにおいて、勝利と敗北が最もわかりやすく表現されるものの一つが滅亡であるから。

国が滅亡する可能性があるから、張り合いもある。やりがいも出る。
国が滅亡しないんだったら合戦場すら壮大な狩場であることは否定できないことではないかと思う。

と、言うことでなかなかにスリリングな展開になってますね。

雑賀衆も国力が15しか残っていない為に
対岸の火事とは言えないわけですけども。


でも、そういう勝利の美酒にしろ、敗北の苦汁にしろ。
個人的には全て楽しめるのがプレイヤーとしては理想的なことかもしれない!

当事者からすると、そんなこと出来るか!バカ!と思われるかもしれないけども・・・
やっぱり、行動には結果が伴なうから楽しいんですよ。
その辺は、いい意味でゲームとして割り切れるといいんじゃねえかなって思います。


ちなみに俺は、明日にでも雑賀衆が滅亡しても別に構わないような心持ちであります。

廃城ライフ。信onやってるなら一度は体験してみたいような、そんな気もする・・・


でも、やることはやらないと、ね
やるだけやって滅亡したなら楽しいけど、不完全燃焼で滅亡したらシャレにならんて!
張り合いとか、そういう次元の話じゃなくなっちゃう!!



と、そんな感じで。
織田家の滅亡により、国勢にどれほどの変化が訪れるのか?
もしくは、何も変わらないのか?展開に妄想力が働いて、また信onが楽しくなります。

鯖統合により、国勢が色々変化する!
なので今はやるモチベーションが上がらない!って話も結構聞いちゃいますけどね・・・
俺としては、その時その時に全力を尽くして楽しんでる内が華だと。
モチベーション下がるって考えも非常に共感できる所もあるけど、それを大っぴらに口に出しちゃ周りにも悪影響与えるだけではないだろうか。





とりあえず、織田家も全力を尽くしたと思われます。
しばらくは敗北の苦汁を楽しんで、いつか来ると思われる復興の日を心待ちにしてみるといいかもよ。
今川家は織田家を撃破したことにより、史実の桶狭間とかそういう話を完全無視ですね。
とりあえず、史学者的な人に謝ってね!!!




さて、クリスマスも近づいて参りました。
今年の12月25日はいったい何が巻き起こるんだ?

俺は恐らくだけど、信onでクソみたいなアイテムを知人にばらまいて苦情の嵐を受ける
そんな気がするんだ・・・(終)
スポンサーサイト

予想は大ハズレ

大方の予想に反して、雑賀衆の合戦は発生しませんでした。

そして更に想定外なことに、雑賀衆は伊賀忍に攻められている足利家にではなく
上杉に攻められている徳川家の援軍になっていました。

二つの想定外でダブルショックです。いやショックではありませんが。

それによって、図らずとも上杉家とのあやふみさんのファーストコンタクトと相成ることとなったのです。


足利家は、伊賀・朝倉・浅井の3国とも対等クラスにまで渡り合っています。
陣取りでは、遜色ない程ですね。大決戦では不利な部分があるかもしれませんが。
これに関しては足利凄い!としか言えないけど、全盛期の足利家と戦ってた身からすれば
このくらいはやれる実力は十分持ってると思ってました。
あずみ徒党(敬称略で申し訳ない)や、他強烈な徒党をいくつも擁していた足利家には
正直、勝てる気がしなかったし、引き分け取るために合戦してたようなもんだったってのもあった。

まあ、うちの徒党は勝つつもりでやってたんですけども、道化でしたね正直。
雀の涙ほどの抵抗にしか映っていなかったと思います。

そんな足利家だからこそ、同盟になった時は心強いと思ったし、
そう簡単に負けるわけないなとも思えています。

先ほども言いましたが、大決戦ではちょっと厳しい部分があるかもしれませんが
個人的には頑張ってもらいたいです。きっと何とか・・・!


さて、徳川家の話。
今の徳川家は予想以上に強力です。
まずある程度の人数がいる。これがどれだけ素晴らしいことか・・・!!
そして、プレイヤーの質もいい。うまい人もかなりいる。
チームワークが取れているというか、統率が取れているというかね。
本当に強いなと思える。同盟でよかった・・・

しかしながら、上杉家もまた強烈です。
徳川家をも凌ぐ勢いの精強さ。まさに大国ですね。
陣取り戦で勝ちを拾うのは極めて難しいと思われます。引き分け狙いが精一杯かもね。

昔上杉家に籍を置いていた身としては、複雑な気持ちもありますけれども
しょっぱい国になってるよりは、何となくだけど嬉しいところもあります。
今回だけはしょっぱくなって欲しいなあと贅沢言ってみたりしますけどwwwwwwwwwwwwwww

初めての対上杉家ということで
あやふみさんも特別な想いを持って参陣してたりしますけれども
今は敵です、割り切って挑んでいます。それだけの価値もあるし、甲斐もある。

今の上杉家にも知人はいくばくかおりますけども、その辺は
「上杉の武将こっちから見ると新鮮だぞwwwwwwww」とか
「おい松本さん出せよwwwwwwwww隠すなよwwwwwwwwwwwww」とか

比較的、うまくやっています。割り切ってくれる人らでよかった。





さて、上杉武将も勿論初めてなわけです。
感想としては、やっぱり脳筋だった、ってこと。
先陣武将の新発田重家。固有技を二つも持っていましたね。ずるいです。
酒豪行者をあれほど恐ろしいと思ったのは初めてです。
山本寺さん(先陣弓侍武将)は痒いところに矢が届くいやらしい奴です。


敵味方が違えば、これほど景色も違って見えるのか・・・
本当に、興味深いものではないですか。また違った信onが見えてきますね本当に。


鬼一さんが見当たらないのが残念で仕方がないですね。
見つけてもマゲになるのは火を見るよりも明らかなのですが、すっごく妨害したい(外道



さて、大決戦ですが
正直わかりません。上杉の戦い方も、勝ち目がどれくらいかも。全く見通すことができないんです。
上杉家の大決戦・・・噂には聞いたことはありますが。
妖魔の体毛?とかいうアイテムをガンガン使ってくるくらいの資源力がある。とか
武将一瞬で落とす、なんていう凄いガセまで。本当に色々聞きます。

楽しみではありますが、非常に不安もありますね。
とりあえず、ファーストコンタクトなので何ともいえませんが、心が沸き立ちます。


恐らく、かなりの苦戦を強いられるとは思いますが
その辺も楽しんでやれるくらいの懐の深さを持って頑張ろうと思います!

あと、新章のスターターパックのお得さに本当にびっくりしました。
大盤振る舞いすぎるだろう・・・始めるなら今しかないね!(宣伝



そんなこんなで、国勢と合戦中心の話になってしまいましたが
次回からは多分また馬鹿やってる日記に戻るかもしれませんね。

ちなみに今日は、秘蔵っ子の召喚陰陽で修得したりしてました。
早く、早く鬼道凶禍を・・・!!!(終)

雑賀の方針と献策について

こんにちわ。
仕事が終わってからすぐ日記を書くあたり、アレですね。
アレだよ、アレ。アレなんだって。


さて、今日の早朝のお話です。
というより、トトロこの野郎張り倒すぞって言うお話(言いすぎ)


昨日、雑賀で緊急会議が招集されたそうなんですが
僕は惜しくも用事がありましたので見ることも、外部から話を聞くことも出来なかったわけです。
と、いっても元より出ないので、いつも終わったあとに誰かに聞くってパターンなんですけど。

その結果が全然伝わってこない。
ということで大分献策が混乱している、だそうです。

伝わってはいるんだけど、趣旨と「とりあえず今は何をすればいいのか」が分かってない感じ。


先ほど確認取ってきましたが
昨日の会議の議題は

・浅井同盟破棄と足利同盟について
・徳川への傘置山(徳川→伊賀)援軍の件
・雑賀の私設会話「ヤタガラス」の復活



であったそうです。

で、こんがらがっている原因が一つ目の議題「浅井同盟破棄と足利同盟について」にあるようです。


とりあえず、現状としては浅井家のお話なんですが
徳川、雑賀、足利の独立にはついてくることはなく、上杉家方(いわゆるC)につく。という議決が浅井本国で成されています。

その結果により、以前より取り決めされていた
浅井家との同盟をとりあえず白紙に戻し、改めて足利家との同盟を締結する
という方針であることには変わりはないそうです。


ですが、浅井家からの説明が昨日、月曜日時点で急に行われた為に
雑賀の連中もあわてて会議を開いた、というのが大まかな話の流れだそうです。


で、ここで決まったこととして
今週(メンテ前まで)の献策は浅井家との同盟維持でもOK
来週(メンテ後)の献策は浅井家との同盟は破棄して
足利家へ同盟申請

となっているそうです。
理由は、浅井家からの説明が昨日行われたということで急だったことが挙げられます。
ちなみに浅井家は三好家へ侵攻するそうです。
ちなみに、Cに残る浅井家は、武田家が攻める方針になったそうです。カオスになってまいりました。


ま、そんなことで
献策が色々混乱しているところがあるようですが
実際に行って欲しいことは以上。だそうです。

ちゃんと伝達しなさいよね・・・!!!

何で俺がこんなことっ・・・!!!!!!!1111



で、仕方がないということで
戦国掲示板(機能から見れるあの掲示板な)のほうに
雑賀衆への情報伝達板を立ててください・・・みたいなお話になりまして
何かよくわかんないけど彩文立ててよみたいなよくわかんない状況に

おいこら吹っ飛ばすぞwwwwwwwwwwwwwwwwww
一番適任じゃない奴に頼むんじゃねーぞwwwwwwwwwwwwwwwwおい聞いてんのかおいwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
お前だよトトロこの野郎wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


まぁ・・・仕方ないし、実際に伝達する手段がないんじゃ
この先またいつ混乱するのかもわからねーし、やるっきゃないっすね・・・
でも、何で俺・・・が・・・

なので、近いうちに立てておく予定です。
更新に関しては俺だけじゃなくても全然構わないと思います。



さて二つ目の議題
これは今まで通りの認識で結構。
明日から、徳川家の援軍として伊賀攻めに参加することになります。
みなさん頑張りましょうね。


三つ目の議題。
これも何気に重要ですよね。
以前にもありましたが、いつの間にかなくなっていた雑賀衆のプレイヤー用の私設会話
「ヤタガラス」がこの度、公開会話として復活することになるそうです。

こちら、合戦のことが良くわからない初心者のプレイヤーから上級者の雑賀プレイヤーまで誰でもいつでもウェルカムな私設らしいです。
分からないことがあったら何でもここで聞けばとりあえず安心だと思うよ。

あと、クエストとかの仲間募集とかにも使っていいんだってさ。
まあ、なんてすてきな しせつかいわ なのでしょう!




はい、ということで
伝達終了。


最後に言うが、何で俺がこんなことを・・・(終)

健康的な朝方の日記

一体、一日に何回日記を更新するつもりなのか
もはや日記ではないのではないか。
だが、日記は一日に一回のみ更新しなくてはいけないという法律があるわけでもない。
つまり、大丈夫だ。にんげんとしては、あうとだ


絶賛伊勢路で栗拾い中であります。
2本の刀を持った腕力0振りの軍学さんが蔓延る伊勢は地獄だぜ!

さて、本題は伊勢路のことではありません。
さっき色々情報を仕入れたのですが、どうやら群雄伝の国勢にそこそこ大きな変化が訪れるようです。


あまりぐちゃぐちゃ書くと非常に分かりにくい文章になるというか、俺が纏めきれないので簡単に書いていこうと思いますが、多分知ってる人のほうが多いのではなかろうか。
とりあえず、確実に分かってることを書いていきます。


今まで、群雄伝サーバーの国勢はCとかいうよくわかんない団体と、協定とかいうよくわかんない団体の二つに全国規模で分かれていたそうです。よくわかんなさすぎだろう俺。


それらが結成された当時は、俺は完全に信onを休止していたために、どのような経緯で始まったのか、そして誰が言い出したのか、さらにはどの国がどっちの団体に属していたのかすらよく分からないわけですけれども、この大きな団体二つが争っていたそうな。


そして今回、Cというよくわかんない団体の方から
徳川家・足利家・雑賀衆足を洗い脱退して、三国で同盟を組むことになるそうです。

といっても、俺は会議に出てすらいなかったので、現実に仕様上の同盟関係になるのかどうかについてはよくわかりません。その辺はおいおい情報が出てくるんじゃないでしょうかね。

それに伴い、雑賀衆と三好家は今まで交戦していましたが
三好家が北条家への援軍に集中したいという理由?から停戦状態になるとかならないとか。
また、これは未確認ですが、今川家が三好家との同盟関係を白紙にするという話も聞いたり聞いてなかったりしています。


あくまでも、現時点で俺が把握している情報なので100%正しい情報ではないかもしれませんが
おおむねこんな感じになりそう、ということだそうです。


さて、これに関して俺が感じたことを書いていきます。
といっても、国勢に疎い俺が好き勝手言うだけなので、ぶっちゃけ参考にはしてはいけない!

まず、Cとか協定とかもうわけわかんないし、どうでもいいんで
そんなもんはとっとと抜けてしまって個人的には分かりやすいし、よかったなぁというのが正直な感想。

そんなのに縛られてるよりは、自分達の国が自分らの頭で考えて同盟国やら侵攻先やらを選んで決断していくほうがよっぽど後悔なく動けるし、やってて気持ちがいいもんでしょう。
仮にそれが原因となって滅亡したとしても、です。

といっても、今までのその団体がどういう意図でどのように動いていたのかは良くわからないのでアレな所もあるんで、すべてが悪いだとか、そんなことを言うつもりは毛頭ないんですけども。
あくまでも、個人的には今回の脱退は本当に分かりやすくて、いい。
それだけのことですね。


で、これからどうするかってことですけど
俺はてっきり、これで今川との同盟がなくなった三好に対して大反攻に出るつもりなんだろうかと思っていたんです。
ですが、聞いた話では停戦。聞いた話ですけどね。

いろんな、おとなのじじょうがあるんでしょう。
そこに関してはちょっと「えー」って感じがする部分もないわけじゃないんですけど!

ただ、俺は好き勝手動いているとは言え、名目上は雑賀衆のプレイヤーです。
しかも、会議も今はまともに出ていない。そんな俺が、今更あーだこーだ言うつもりはありません。
今の雑賀衆がそう決めたことなら、仮に愚策だろうと良策だろうとそれに従っていくつもりではあります。

と、言っても自分にとって雑賀が居心地の悪い場所になるようなことであれば
出奔することも別に抵抗がないっていうのが基本的なスタンスなんで、あまり頼りにはならない奴だと思ってもらって構いません。
でも、今のところ全国で一番居心地がいいのが雑賀衆なので、出る理由もあるわけないんですけど。


とまぁ、話が逸れてしまいましたが
大まかな流れはそんな感じです。

この変化によって全国にどのような影響が出るのか、それは分からん!
けど、雑賀衆の当面の滅亡の危機は去った・・・のかな?
油断ならない状態には変わりはないんだけど。


しかし何で今川は三好と同盟撤回ということになったんだろーね?
何かあったのかなー。

------ここまで雑賀衆としてのあやふみのお話------



とりあえず、伊勢路で5個餞別を空けたら
全部栗っていうのが本当に心に響く。

国勢とか、合戦とか、そんなものすべてどうでもよくなるくらい
俺は今、栗を滅ぼしたい


マロン繋がりで麻呂にすら怒りを覚えてしまってもしかたがな・・・これは言いがかりか。


追記
今回書いたお話については、人づてに聞いたことが99%なので
間違いもあるかもしれないということはお察し下さい。


しかし、国の行く末にはそこまで重点を置いてないくせに
ここまで日記で長文を書くってのは、余程にネタがないんだろうか。
はたまた、ちょっと頭使ってるぽいところを見せたかっただけなのだろうか

どちらにしろ、似合わないことをするもんだ(終)

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。