スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

大決戦その2は雑賀が勝てたそうな

日曜日。

僕は例によって寝坊し、すでに待ち人数16人になっている大決戦会場を外から鼻水垂らしながら見ていた。

中では、徒党多すぎるようだとか、徒党が入れなくなったんで一旦待機解除してくれようだとか
そんな悲鳴が聞こえてきていた。

寝坊した僕は出る幕もなく、あとは祈るだけ。
陣取り戦です、陣取り戦が僕の生きる道だから、なんてこと思いながら頑張りました。



結果としては、大決戦その2は雑賀衆の戦果勝ち!

今度はタイムキーパーの人もしっかりと頑張ったのだと思います。

ちなみに、土曜日の日記書いた日にその時のタイムキーパーしてた人から対話があり
ゴメンネゴメンネとか謝られましたけどむしろ僕は外野ですし謝る必要はないというかむしろすいませんでした


何にしろ、勝ててよかった!


そして今の陣取り状況


いまの


ほおう・・・これはなかなか・・・

ほぼ勝ちの目が無くなってしまったということで、伊賀忍のPCが先に心が折れたようです。
でも地味に雑賀も燃え尽き症候群な人がいたりするんですよね。僕とか。


残すは明日。
悔いのないようにやることはしっかりやっておきましょう。

とりあえず仕事帰りの昼寝の時間がもっと欲しい(終)
スポンサーサイト

今帰った!さて、大決戦は・・・!?

       ______
      /  \    /\    
    /  し (>)  (<)\  。o O (頼む!大決戦勝利しててくれ!)
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |
    ノ           \ | | 




         ____
      /  \    ─\   チラッ
    /  し (>)  (●)\
    | ∪    (__人__)  J | ________
     \  u   `⌒´   / | |








         ____         大決戦の
      /::::::─三三─\   
    /:::::::: ( ○)三(○)\ 
    |::::::::::::::::::::(__人__)::::  | ________
     \:::::::::   |r┬-|   ,/ .| |
    ノ::::::::::::  `ー'´   \ | |
 








雑賀衆士気:100
伊賀忍士気:120



えー皆様おはようございます。負けちゃってますね。
勝負は最後の最後まで分からないもの、だとは思いますがやきもきします。

上記のような心持ちで先程お家へ帰り、公式を見た瞬間
(*´ω`*)('A`)
になりました。


一門員に聞いた話によると・・・

終了1分前に、保持していた前備え武将3体を撃破してしまい、
その後速攻で出されて振り切られました


ということらしいです。


凡ミス



は、まあ残念なことですけれども、それはまあいい。頑張った結果なので受け止められる。
それ以前にまず引き分けになるかどうかみたいな状況になっていたのが気になりますね。


大名撃破は出来なかったのだろうか、と思っていたのですが
伊賀PCの防衛の厚さがここでも炸裂していたらしいです!
残念ですねえ。



とにかく、今の雑賀に必要なことは(大決戦での)
戦い方というか、方針もそうだしそういうのをしっかり共通認識を持てる所までのレベルにすること。
だと思います。悔しいけれども、今現在はその段階まで来ているとは言い難いです。


あと、前々から口を酸っぱくする程にこのブログで垂れ流していることだけれども
目的別徒党と、目的別ソロのバランスを全員がしっかりと意識しなくてはいけない
今更言うまでも無いことだとは思いますが、紺碧的な意味でだけで考えても合戦巧者が次々に引退し、いなくなっていく状況ですので、やはりこういう所からしっかりと考えていかなくてはいけないということでしょう。


・・・とまぁ、いつまでも、大決戦に出れてない自分が言っても始まらないし。
何よりも合戦はまだ終わってはいない。
今日の陣取大戦、日曜日の大決戦その弐に向けてやることをやっていくのみです。





昨日の陣取りの結果。


4陣、5陣

ヒューッ!見ろよ、この戦果!
なんて数値だ、まるで大勝しているかのようだ
こいつはやるかもしれねえ・・・



と、盛り上がりを見せているようです。

前の合戦でも言いましたが、ここからは心が折れたほうの負けです。
大決戦負けてようがなんだろうが、陣取り戦で勝てばいいんだ
くらいの開き直りで、元気出して頑張っていきましょう。




ここまで開き直れたら、まあそれって居直りだよね




まだ、上杉が来た時の対本願寺戦ほどには苦しくはなく、楽しいというのが救いでござる(終)

ご飯を食べる前に田辺攻防戦第3陣について書く

がんばれゴエモンシリーズその1

おいっ!エビス丸出してみろよ!
関所手形は没収だ、悔しかったら1500両で買い取ってやる。


第三陣、夜の陣です。

中途半端に仕事が入っていたため、途中からの参陣。
今回はかなり早い段階から本陣へのルートが開けていたという、いい流れではありました。
ただし、伊賀側もこのまま黙っているはずもなく、猛反撃を繰り出す。
まあ全体的には雑賀が押していたものの、戦果的な意味では一進一退です。

が、とにかく今回の合戦は援軍の朝倉家プレイヤーの柔軟な動きもあり
ソロ、武将徒党、対人徒党、ゲリラ、兵站がバランス良く動いていました。
が、しかし優勢で進めているということで兵站に関しては固定大筒以外はちらほらとてきとーにやってた部分も増えてきてます。

もちろん、ゲリラや武将徒党への囮など他にもやることが死ぬほどあるから。
というのが一番の理由な訳なのであまり贅沢は言えないんですけれどね。
もう少し人数が多い国であればここから防衛と細かい兵站にも手を回すことが出来るっていう理想的な展開になるんでしょう・・・



戦果

第一陣から第三陣までの戦果の詳細です。

よーく見れば全体的に雑賀と伊賀の戦果差が広がって来ているのがわかります。
まあ、吹けば飛ぶような戦果差であることは言うまでもないですが。

ここで更に大きな差をつけることが出来るか、もしくは一気に追い上げられるか。
それは金曜日、日曜日の大決戦が重要な要素になるでしょう。

重ね重ね、金曜日は出れないのが残念でありますが
まあ、みんな頑張ってくれるでしょう。なんて根拠のないなげやり感を醸しだしています。



しっかし、合戦のある週は本当に信onへののめり込み具合が高いです。

もう今、一刻も早く寝たいんだけど、日記書いちゃってるもん。





おやすみー☆(ゝω・)v(終)

仕事行く前に田辺攻防戦第2陣のことについて書く

陣取り図

第2陣です。昼の陣です。
例によって例のごとく、僕は序盤寝過ごしていました。
気持ちよく目を覚まし、覗いてみようと思ったら結構優勢だったのが意外でした。


この陣は、基本ゲリラで活動し、徒党はやってませんでしたが
良い感じに徒党、ソロ、対人がバランス良く居たのがよかったのかなあと思います。

あと兵站はやっぱりめんどい。めんどいけど、大筒を壊して新しく作った時とかはホッとする。

さて、ゲントクんとこの徒党がリハビリがてら動きたいって言ってたので
囮とか色々しました。
その甲斐もあり、本陣までしっかり落としてました。

やはり昼の陣、防衛は夜の陣とは比べ物にならないので・・・
まあ、かなりやりやすかった方ではないですか?



そんなこんなで戦果差8000ちょい差くらいで第2陣終了。
処理上は引き分けとなっていますが、雑賀優勢といった所でしょう。




さて、ここまでは雑賀が良い感じに運んでいるものの
この程度の戦果差は大決戦の結果でどうとでも変わります、遺憾ではありますが。

そういう意味で、これからも気を緩めずにやっていきたいですね。



とまあ、仕事前なのでこんなやっつけな日記。
こまけぇことは他のブログなり知人に聞くなり何とかしてください
なんていう投げやりなことを言いつつおつかれさまでした(終)

寝る前に田辺攻防戦第1陣のことについて書く

果心居士


やってきました田辺攻防戦。
雑賀・朝倉コンビに対抗するは、伊賀・本願寺・今川トリオだ!



まあ、それなりに頑張ってます。
全盛期に比べちゃ全然働いてはいねーんです。
それでも、固定徒党でがっつりやってた頃と今を比べちゃいけないわけで。
今は今でやるべきことをやって楽しんでいるのでしょう。


今回は相手が伊賀ってことで、右を見ても左を見ても忍者、忍者、忍者。
お前ら、忍者村の村人か!って言いたくなりますね。そりゃ伊賀郷なんだからそうなんだけど。

そんな中で一種の清涼剤となってくれるこの陰陽武将、果心居士。
強いには強いですが、忍者ばかりで飽き飽きしたプレイヤー達の心を癒してくれる。

ちなみに、和田某とかいう弓侍武将もいました、突撃武将で。
こいつは極めて嫌われています。弓武将というものは存在してはいけない。今はそんな心持ちです。


伴長信討ち取ったり でござる


結果として、第1陣は終始雑賀側が押し気味でした。
ただし、負けている側が何も出来ないかというとそんなこともなく。
陣取り調整や兵站等でうまいこと戦果をコントロールしていた、という印象を受けました。

上の画像は本陣、伴長信撃破のログですけれども。
本当に、伊賀の本陣防衛が厚い、厚すぎる。
実際たどり着くまでに何個の徒党が、そしてどれだけの時間が消費されてしまったのか。

このマップの今回は伊賀側ですが、本当に本陣防衛に関しては伊賀側が有利なようにできています。
ほぼ片方からしか侵入出来ない上に、見晴らしが最高に良い。
敵襲があった際など、丸見えに近い状況で備えることが出来ます。

そういうことで、雑賀側も後半あまり戦果を稼ぐことが出来ず、伊賀側には陣調整をうまいことされ。
ですが、人数差は終始同数でした。それで押し気味で進めることができているのは本当にいいことだと思います。



優勢らしい

結果として、今現在はこんな感じ。
少しばかりの差ではありますが、れっきとした優勢です。

そう簡単には、田辺は渡さんよ!


とりあえず、本陣武将を一体でも倒すことが出来てよかったです。
あと、気になったことといえば、本願寺の人とか今川の人とかあんまり見なかったような・・・?
もちろん、援軍だから、というのもあるでしょうが。




ちなみに、三好→伊賀戦も同時に起きていますが
三好家は早くも百地三太夫を陥落させたらしいです。
伊賀はこっちに全力を傾けているそうなので防衛とか全然いないんだろうな・・・
いいな・・・


でも、百地に触ってみた感じ、僕らでも取り付くことさえできればいけそうです。
今週、機会があればいいですなあ。ないかなあ。

何にしろ、これから一週間です。
金曜日は夜勤なので大決戦とかムーリーなんですけれども
みんなもそれなりに出来る分だけ頑張っていきましょうね(終)

LP回復の時

一門の戦果

雑賀-本願寺の合戦が終了しました。
結果としては劣勢だったので新宮は奪取されてしまいましたが、今のところ致命的な致命傷ではないらしい。
とりあえず、次に繋がる合戦が出来たのは非常に良かったと思います。

一門的にも適度に頑張った。次も頑張ろう。

ちなみに、月曜日以降の合戦には全く出ることが出来なかった為、個人戦果は8位くらいでした。
まあ、こんなもんだろう・・・




とりあえず今週は上覧?あったっけかな?だから多分合戦がないんだろうと思います。
今のうちに、2週連続で合戦をした雑賀的にはゆっくり休んでおきたい!
三好も雑賀も、2週連続ってのは多分相当にキツいものがあったと思うので、とにかく回復。


今週は、千代の白猫・・・!
昔懐かしいトライアルダンジョンを使ったイベントです。
それにしても、また鬼婆がいるあそこか・・・何か激しく使いまわしイベントの予感・・・

いや、そんなことは。きっとそんなことはない、大丈夫だきっと。
例え、千代の声が手に入るくらいのクソイベントだとしても、多分何かあるはずなんだ・・・!


とりあえず、今週は覚醒でも頑張って稼ごうかなー(終)

No more 仏陀

下針

合戦も後半に差し掛かった!

今日は日曜日でしたので、二度目の大決戦が開かれたわけです。


前半の大決戦が1勝2敗と、残念な結果に終わってしまったのでここは意地を見せたい!

まあ、例によって帰宅したのは11時近くになってのことだったのですが。





帰ってきて確認できたことはまず二つ。

・大決戦場が3つと、陣取り会場が2つ作成されていたこと。
今更言うまでもない、とでもいうつもりか。

・大決戦はいい展開で進んでいたこと。
ほおう・・・!


これは気合も入ってくる展開。

大決戦

遅ればせながらこの軍学さん、大決戦場3にてひと暴れ致す!!

実際、軍学さんはソロで何が出来るって、まぁ。足止め・・・かな・・・
ひたすら、敵徒党の足止め、防衛、足止め、防衛、足止め。
そんな言うほどめんどくさくないけどたまに金剛不壊やってる軍学がいたら4割くらいの確率で僕です。
崩旋脚だけはやめてくれ。



じこぎせい

「人が多すぎて徒党が入れなくなってます!」
そんなニーズにいち早く応えることが出来るのも、軍学の強み。ではないでしょうか。

何か、何か違う気がする。
軍学って徒党で光り輝くそんな特化じゃあ、ないのか。



が、大決戦において一番大事なのは、各種徒党とソロ活動をするプレイヤー数のバランス
時には個を殺すことも必要になる。文句はにい。


さて、結果ですけど。



大決戦・壱:大名打ち取りにより雑賀の勝ち
大決戦・弐:戦果差つかず引き分け
大決戦・参:大名打ち取りにより雑賀の勝ち



勝った!総合で勝った!!!!!


これにより、今まで本願寺側が士気120、雑賀が100と不利を受けてきましたが・・・
多分雑賀の士気もそれ以上に上がることになる、んだと思う。

ここから、どれだけ差を縮めることが出来るのだろうか!?



さて、その後の陣取り戦。勢いもそのままに参加することにしました。


陣取り会場1はもう人が双方共にいっぱいで、十分すぎるほどみんな頑張っていました。
が、陣取り会場2がそりゃもう大決戦始まったあたりから絶望的だったらしく。
大量の本願寺、というか上杉PCによって蹂躙されかけていたみたいです。

ここで全体の戦果の足を引っ張らせる訳にはいかない。ということで会場2で参加。

大砲奪還したり、大砲奪還したり、ゲリラで敵陣奪いとったり・・・


まあ、それなりに、活躍したのだろうか。したのだろうか。



勝興寺

調子に乗って中後副から中後主まで徒党で貫通しちゃったりなんだりして。
坊主武将はときたま暴れ出す。一つ勉強になったね!

まあ、広東麺は広東麺だよ。わかるだろ。


戦果差

最終的には、圧倒的だった戦果差が殆どないくらいに縮みました。
何とか、明日以降に繋げることができそうです。






残り2日くらいですけど、最終的にはどう決着がつくか!
雑賀は果たして戦果で追いつくことができるのかどうか?

最後まで分からない戦い、嫌いじゃあない、でござる(終)

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。